能力開発

能力開発の方法-能力開発のための3つの方法

力開発の方法を探していますか?
ここでは能力開発のための方法を3つに分けて解説しました。
是非、あなたの能力開発にお役立ていただければ幸いです。

こちらは読まれましたか?
「継続力をつける方法-もう継続力がないと嘆かずにすむ10の質問」

新次元能力開発プログラムはこちら

能力開発センターを活用しよう

能力開発センターというと、受験で有名な、能力開発センターを連想しがちですが
このコンテンツでは、そうではなく、社会一般の能力開発を取り上げていきたいと思います。

社会に出てから必要なのは、知識ではなく、主体性、粘り強さ
コミュニケーション能力が、最重要と言われています。

ここを、ほとんどがアルバイトしか、経験がない学生は、かなり誤解しているようです。
テレビCMでも、PCスキルや、語学力がクローズアップされ、あたかも、それらがあると
就職に、有利になるような宣伝がされていますが
はっきりいって、企業は社会に出る前の学生に、そのようなものは要求していません。

企業が要求しているもの。

一言で言うと、人間力です。

ほとんどの学生が、IQ(知能指数)至上主義ですが
社会で、活躍する上で重要なのは、IQではなく、EQ(情動指数:心の知能指数)です。

もちろん、IQも仕事をするためには必要ですが、EQはさらに重要となります。
なぜなら、企業が学生に求めている、主体性、粘り強さ
コミュニケーション能力は、EQがなければ、全く発揮できないからです。

勘のいい方なら、おわかりになると思いますが、人間力はEQに比例します。
これから就職活動をされる方は、EQを重点的に鍛えましょう。

NKS能力開発センター」の就活自主講座が良いでしょう。

この講座では、上場企業の部長・支店長歴任者や、人材育成経験豊富な
人事教育部門経験者が講師を担当し、実際に、人事採用に携わった方や
実業界の現場を、知り尽くしたエキスパートが
個人指導も行うことで、まさに人間力を鍛えることができます。

自分と向き合う力を磨くことが、自分にあった企業に、就職する近道です。
就活自主講座で、社会人としての基礎力を身につけ、後悔のない就活をしてください。

新次元能力開発プログラムはこちら

能力開発基本調査とキャリアコンサルティング

能力開発基本調査は、厚生労働省が、平成13年度から実施している統計調査で
企業の教育訓練費用などを調べる「企業調査」、事業所の教育訓練状況などを調べる「事業所調査」
労働者の能力開発状況などを調べる「個人調査」からなっています。

その中の事業所調査では
キャリアコンサルティングの仕組みを、導入している事業所の割合を、示す指標があるのですが
近年の能力開発基本調査で、キャリアコンサルティングを受けた人の
実に、9割の人が、満足しているという結果になったようです。

最も多い回答では、仕事に対する意識が高まったが、6割近くを締めていました。
他には、自分の目指すべきキャリアが明確になった、自己啓発を行うきっかけになったなど
肯定的な回答が、集まっているようでした。

そして、正社員の方より、非正規で働いている方のほうが効果を実感されている
という結果も、最近の能力開発基本調査では出ているようです。

自分を見つめ直すためにも、いい機会だと思いますので
キャリアコンサルティングを、受けることをおすすめします。
では、実際の流れを見ていきましょう。

まずは、自己分析からですね。

今まで培ってきた能力や、スキル、価値観を、棚卸しすることから始めます。
自己分析での価値観に、基づいた興味のある仕事、その内容や、実態を把握し
その仕事につくための、知識や、スキルなど
アドバイスを受けることで、仕事に対する理解を深めていきます。

興味を持った仕事を、実際に、経験するのも重要です。
実体験をすることで、自分の特性や、仕事への理解をさらに深め、目指す仕事を決めていきましょう。

そして、その仕事につくための、具体的な計画をたてて
必要なスキルアップや、就職活動を始めていきましょう。
その都度、専任のキャリアコンサルタントに
進捗状況を確認してもらい、アドバイスを受けるのも重要です。

そうすることで、より確実に、具体的な行動が取りやすくなり
希望の会社に、内定をもらう可能性が、飛躍的に上がるからです。

また、仕事に就くことが、ゴールではありませんので、近況報告はもちろん
不安に感じていることを話し、新しい環境に適応できるように
今後のキャリア形成も含めて、しっかり相談するようにしましょう。

以上が、キャリアコンサルティングの一般的な流れですが、在職中の方など、抱えている状況によって
異なりますので、キャリアコンサルタントと、綿密な相談の上、進めていってください。

能力開発・自己啓発セミナーを活用しよう

能力開発・自己啓発セミナーを活用しよう

能力開発・自己啓発を効果的に、進めるためには、セミナーを受講することがおすすめです。
最近では、いろいろな企業が、能力開発・自己啓発セミナーを開催していますが
おすすめは、業界のパイオニアである、エス・エス・アイのセミナーですね。

引き寄せの法則や、潜在意識の活用、世界最高峰の成功哲学を体系化した
ナポレオン・ヒルのセミナーなど、多くのセミナーを扱っていますが
私のイチオシは、ブラッシュアップスクールです。

ブラッシュアップスクールは、高額なセミナーが多い中
1,000円で、2時間受講できるという、とってもオトクな、セミナーとなっています。

毎月、テーマを変えて開催しているので、能力開発・自己啓発をしたい方には、おすすめです。
エス・エス・アイが、販売している、各種能力開発プログラムを
実践していることが、望ましいですが、していなくても、十分前向きになって
充実した人生を送るための、ノウハウを会得できますので、検討してみてはいかがでしょうか?

そこで、ブラッシュアップスクールの学習を、効果的に
すすめるための、能力開発プログラムを、紹介いたしましょう。

--スポンサードリンク--

世界最高峰の成功哲学である、ナポレオン・ヒル・プログラム
エス・エス・アイが、取り扱っているプログラムの中でも
抜群の効果がありますが、少し難解な上に、かなり、お高いのが難点と言えます。

その点、全米No.1のモティベータである、ジグジグラーが、自らの自己実現をもとに
ビジネス・人生の成功の、必勝哲学を説いた、ジグジグラープログラムは
ナポレオン・ヒル・プログラムの半額の上に
非常に、わかりやすい語り口で、すぐ理解できると評判です。

3種類に分かれていますが、私のおすすめは、ピークパフォーマーズプログラムです。

このプログラムは、ジグジグラーが、自らのセールス経験で確立した
究極のコミュニケーションノウハウを、12のセッションで、ユーモアを交えて解説しています。

人生で最も大切なことは、良好な人間関係を築くことです。

このプログラムは、その人間関係を築く上で、重要なコミュニケーションノウハウを取り上げています。
卓越した、ジグジグラーのコミュニケーションテクニックは、ナポレオン・ヒル以上でしょう。

楽しく、生きがいあふれる人生を目指すなら、人間関係の基礎である
コミュニケーション能力を、磨くピークパフォーマーズプログラムをおすすめします。

ポイントを抑えて手軽に学びたい場合には…
新次元能力開発プログラムはこちら

能力開発の原則とは?

能力開発の原則では、渥美俊一氏著「チェーンストア能力開発の原則」を思い浮かべる人が、多いのではないでしょうか?

商業経営を科学するノウハウを、体系化した本で
サイゼリヤ、ニトリホールディングス、いずれも、代表取締役会長である
正垣泰彦氏や、似鳥昭雄氏が、経営の指南本として、絶賛していることで有名ですが
トップダウンの時代遅れの、縦割り社会を推奨していることで、批判がある本でもあります。

確かに、うまくいっているときは、それで良いかもしれませんが
かつての、○イエー帝国のように、トップの意思決定が、デタラメで
部下の忠告を聞かないで、崩壊した、二の舞を犯す危険性は、常に持っていると言えるでしょう。

階層を飛び越えて、意見が言えない、お役所体質では、自由な発想は生まれません。
ブレインダンプではないですが、自由に何でも、意見が言える環境が
宝を生み出す土壌が、できるのではないでしょうか?

リーダーシップの資質についても、かなり際どいものがあります。
他の人々から、敬服される状態を、指すのは良いとしても
それを達成するには、ハードワークを気軽にやってのけることが条件とする
ノルマ至上主義が、見え隠れしています。

これが行き過ぎた例が、市民の信頼を裏切った日〇〇便と、○んぽ生命の不適切な保険の販売でしょう。

ここに至っても、営業ノルマを、撤回するつもりはないらしく
そのレベルを下げる方向の再発防止策を、公表という、お粗末な対応をしています。

チェーンストア応力開発の原則でも、「部下は上司に対して、結果の報告をし
承認を得なければ、職務を果たしたことには、ならないし、報酬も発生しない」とあります。
コンプライアンス順守が、叫ばれる世の中で、正直これは通用しないでしょう。
20年前なら、一部では、通用したかもしれませんけどね・・・

しかし、そのとおりだと、感銘を受けた部分もありました。

「20歳代、新卒で入社して、8年間ほど人生にとって、これほど大切な研修期間はない。」
「人生を大切に思うなら、常に100のテーマを持っているべき。」

これには、完全に同意ですね。

まずは、明確な目標を、持つことから始めましょう。
明確で、理由のある目標を持っている人は、全人口の3%に過ぎないとされていて
残りの97%は、目標と呼べるものはあっても
明確な理由がない人か、そもそも、目標自体を持っていない人です。

つまり、明確な目標を持った時点で、人生の勝ち組になったのも、同然だということです。
では、明確な理由がある真の目標を、持つにはどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

その目標が道徳的に公正で、達成したときに、心の安らぎが得られることが前提ですが
そのうえで、目標を達成したときの光景を、イメージできて
全力を尽くすことが、できるかを、常に問いかけることです。

また、明確な目標は、健全な自己イメージから生まれます。
自己イメージを育てるには、献血や募金など
ささやかな善意であっても、記録するようにしましょう。

自己満足と、思うかもしれませんが、献血や、募金も立派な慈善活動です。
どんな慈善活動をしてきたのかが、わかれば、次はもう少し頑張ってみようと意欲が湧いてきます。

積極的に行動していけば、必ず自己イメージは、質の高い影響を受けて、良いものに変わっていきます。
そうすれば、明確な目標を掲げたときも
私ならできる、と思うことができますので、ぜひ実践してみることをおすすめします。

根本からの能力アップ⇒新次元能力開発プログラムはこちら

能力開発の老舗企業がおすすめ!英語習得プログラムとは?

能力開発の老舗企業が、おすすめする英語プログラムとは
エス・エス・アイが販売する「ピーカボープログラム」です。

テレビの通販番組では、聴くだけで、英語を話せるようになる
スピードラーニングのほうが有名ですが、ピーカボープログラムは
ビジネスや、目標達成に向けて能力開発もできるという点で、格段にレベルが違います。

スピードラーニングは、英語を、単純に話せるようになるだけですが
ピーカボープログラムは、英語を話せるようになるのは、もちろん
ビジネススキルの、マスターをはじめ
最終的には、目標達成まで導いてくれる、脳力開発プログラムとなっています。

具体的には、現代ビジネスパースンの常識として
コミュニケーション活用術を、身につける「ベーシック・コンテンツ

アメリカ屈指の、経営コンサルタントである
ロジャー・ドースンの、史上最強の説得・交渉術を学ぶ
プラクティカル・コンテンツ」を、レベルに合わせて、取り組んでいくことができるのです。

さらに、すごい「スペシャル・コンテンツ」が、世界最高峰の成功哲学として
世界的に、知られているナポレオン・ヒル・プログラムを、ピーカボー版に再編集した
「Think and Grow Rich」(頭を使って豊かになれ)です。

目標達成までの、ノウハウが、わかりやすく紹介されているので
これまで、熱しやすく冷めやすい、何をやっても長続きしなかった人でも
情熱と、ヤル気が自然と、湧き上がる成功プログラムとなっています。

単純に、語学習得だけを、目的とした既存の英語教材と違い
説得・交渉を始めとする、コミュニケーションテクニックなどの、実践的なビジネススキルと
目標達成には、不可欠の成功ノウハウを同時に、習得できることが、ピーカボープログラムの大きな特徴です。
英語と、ビジネスのノウハウと、目標達成を同時に体現できるピーカボーで、大いに能力開発を楽しみましょう。

今回も最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

読むだけで能力アップのヒントが掴める
新次元能力開発プログラムはこちら

サブリミナルCDランキング

Scroll to Top